「しののめ」コース 東雲コース

 高い志を持って  国公立大学を目指すコースです。

知的好奇心を持ち、自らテーマを見つけ主体的に学ぶ姿勢を養います。
生徒たちはグループワークを通して他者からの刺激を受けつつ自己の考えを深め、協働して学ぶ楽しさを味わうことができます。

東雲コースの特徴

1. 大学の研究の今を知るプログラム

京都大学の高大連携事業による出前授業を取り入れ、大学院生やポストドクターの研究について知り、ディスカッションを通して知識や考えを深めます。また、卒業生との懇談会などを通して、多様なロールモデルに触れ、自己のキャリアデザインを描いていきます。

2. 難関国公立大学に進学できる学力を保障します。

中高一貫ならではの、6年先の将来を見据えた進度で、効率よく学習を進めます。中学の段階で高校の学習内容を先取りすることで、高校2、3年時にはゆとりを持って難関国公立大学の受験対策に取り組める仕組みになっています。

3. 文系的要素・理系的要素を題材にしたプログラム

中学2年生では、日本の伝統文化への知識や課題を知り、その問題解決に向けて考えを深め、具体的な提言をおこないます。中学2年生では、さらに理系的要素を組み入れつつ、顕道コースと合同で実施する研究旅行につなげます。