「けんどう」コース 顕道コース

国公立大学の医療系を目指すコースです。(中2より設置)

顕道コースの教育プログラムを通して育成したい生徒の資質

① あらゆる分野に対して、探究心・好奇心、意欲・情熱を持つことができる。
② 課題発見とその解決への主体性を発揮できる。
③ 研究内容を他者に発表し、さらに、他者と話し合いを経て深めることができる。
④ 高い倫理観、豊かな人間性・創造性を持つ。

顕道コースの特徴

1. 〈いのち〉を見つめる医療人の心を育てます。

人間の苦悩である生老病死の解決は、医療と仏教の共通の課題です。建学の精神に基づいた教育で、生死(しょうじ)の問題に向き合い、心豊かな人生とは何かを追究しながら、「心ある医療人」の育成をめざします。

2.国公立大学の医療系に進学できる学力を保障します。

中高一貫ならではの、6年先の将来を見据えた進度で、効率よく学習を進めます。中学の段階で高校の学習内容を先取りすることで、高校2、3年時にはゆとりを持って医療系大学の受験対策に取り組める仕組みになっています。

3. さまざまな刺激で現代医療についての知識を深めます。

国立医学部教授の講演や特別授業、最新医療施設の見学などを通して、現代医療についての知識を深めます。また、ディスカッションや研究発表を行い、志の高い仲間と切磋琢磨しつつ、他者と協働する大切さを学びます。