2022年度 中学3年生研究旅行を行いました

2022年06月13日
中学校

 中学3年生5クラス(Ⅱ類型・Ⅲ類型)が,6月8日(水)から3泊4日の北海道への研究旅行に行ってきました。新型コロナウイルスの影響により,3年ぶりの北海道旅行となりました。

 8日(水)の朝,生徒たちは京都駅八条口または伊丹空港に集合しました。その後,飛行機で伊丹空港から新千歳空港に向かいました。北海道は,晴天で清々しい天候でした。「ノーザンホースパーク」では,「かるがもサイクル」や「乗馬」や「観光馬車」に乗りました。ニセコのホテルへ向かうバスの車窓から,雪の少し残った羊蹄山を望みました。

 9日(木)は,まず「ウポポイ(民族共生象徴空間)」を訪れ,「アイヌの歌・踊り・語り」を鑑賞した後,「国立アイヌ民族博物館」で自主学習を進めました。午後からは,「昭和新山」と「有珠山」に行きました。ロープウェイからは,昭和新山と洞爺湖が並んだ姿を写真に収めました。展望台からは,有珠山を背後に海や農園や街並みを望みました。

 10日(金)は,生徒たちが最も楽しみにしていた体験学習の1つ,「ファームビジット」がありました。農業班は,アスパラガスの収穫や選別作業,野菜の苗の定植などを行いました。酪農班は,乳牛のブラッシングや餌やり,仔牛の世話,牧草地の散策などを行いました。

 11日(土)は,札幌のホテルから新千歳空港へ向かい,新千歳空港での自習研修です。自主研修では,家族への買い物が主ですが,北海道ならではの昼食をとりました。昼食は,ラーメンや海鮮丼の他,飛行機内で食べる「空弁(そらべん)」にする生徒もいました。自主研修の後,名残惜しそうに北海道を後にしました。

 参加者全員167名が,病気や怪我を誰一人としてすることなく,研究旅行を終えることができました。今回の旅行の企画や運営に携わって下さった多くの方々に感謝とご報告を申し上げます。ありがとうございました。

 

5月14日(土)14:30から、第1回中学オープンスクールが開催されました。

小学校4年生から6年生のみなさんが、多数参加してくれました。

申し込み直後に満員になった教科もありましたが、それぞれの希望の授業を体験している小学生のみなさんは、とても楽しそうでした。

保護者の皆様には、お嬢さまが授業を受けておられる間に、学校紹介をさせていただきました。

授業のあとは、個別相談やクラブ見学にも多数の受験生が訪れてくださいました。

また、夏以降にも学校見学会や入試説明会などを開催いたします。

京女(きょうじょ)に興味を持った児童のみなさまは、ぜひ一度ご来校ください。

 

 

4月19日(火)、26日(火)の2日に渡って「中学生徒総会」がオンラインでおこなわれました。

19日には、前年度の生徒会執行部役員から、1年間の生徒会の諸活動の総括が報告されました。コロナ禍で思うように行事が開催できない中、さまざまな工夫を重ねて活動してくれたみなさんを誇りに思います。

また、その後は新執行部による今年度の生徒会方針が述べられました。新たなボランティア活動なども含め、今できることを工夫し真摯に遂行していこうという意欲を感じました。

 

そして1週間の間にクラス討議を経て、26日は各クラスから寄せられた質問に執行部の役員が回答していきました。紙面回答を含めると20以上の質問が出たそうです。生徒会活動に対する京女生の意識の高さがあらわれていました。

その後、各クラスで採決を取り、全クラスの賛同を得て今年度の生徒会活動がスタートすることになりました。

クラスの取り纏めをしてくれた中央委員さん、おつかれさまでした。

 

今年は、昨年よりも自由に京女の生徒会活動、部活動、行事がおこなえますように。

中学生みんなの活躍を期待しています!

4月18日(火)の朝、今年度はじめての「朝の礼拝」がおこなわれました。

入堂したのは中学1年生、2,3年生は教室でオンライン仏参です。

本日の講話は、数学科の小西先生でした。

ご自身の中学生の頃のエピソードを紹介しながら「言葉の与える力」についてお話されました

ちょっとした言葉で「がんばろう!」と思えたり、逆に些細な言葉で傷つきやる気を失ったり……。

家族や友人など、周りの人の心をあたたかくするような言葉を発していきたいものです。

 

4月16日(土)、中学1年生216名が本山(本願寺)へ入学奉告参拝に訪れました。

 

教室でお弁当を食べた後、地図を手に班ごとに分かれて本山を目指します。風が強く少し肌寒いけれど、おかげで空気は澄み渡り、新入生の清々しい心のような青空に若葉が映えていました。宿泊研修会で培ったチームワークで1.7kmの道のりを楽しく歩きます。

すべての班が時間通りに到着。いったんお白洲に集合し、クラスまとまって御影堂に入堂します。

お御堂の中では距離を取って座ります。真宗宗歌に始まり、新入生代表の焼香、三帰依、さんだんのうた、念仏とつづきます。そして、入学式で述べた誓いの言葉を親鸞聖人の御前で心新たに読み上げてくれました。

ご法話は、アンパンマンの世界からみ仏様のみ教えを説いてくださいました。バイキンマンが作った大砲に花を飾って使えなくしてしまったエクレアさんとプリンちゃんの清らかな心。誰にでもイクラを食べさせてくれるいくらどんちゃんの優しさ。それはまさに途方もないやさしさでいつでもどこでも「仏の子だよ」と私たちを慈しんでくださる阿弥陀様のよう。

 

不思議なご縁で出逢った216名の中学1年生、これからの京女での毎日が素晴らしいものになりますすように。

 

 

 

4月12日(水)、13日(木)の1泊2日で、中学1年生の「新入生宿泊研修会」が実施されました。

朝8時50分、国立博物館の西門前に集合、クラス毎にバスに乗り出発です。

約1時間で丹波自然運動公園に到着。まずはじめにクラス集合写真の撮影です。

その後、体育館での開会式に臨みました。京女生として新たな生活がスタートして5日。この研修での集団生活を通して他者とともに生きる素晴らしさを楽しく学び、仲間と互いに理解を深めながらチームワークについて考え、これからのクラス作りに繋げます。

ファシリテーターさんからの「一歩踏み出す勇気を持って」というメッセージを胸に、それぞれクラス毎に分かれて楽しい研修プログラムのスタートです。

昼ご飯は、家から持ってきたお弁当。一列になって黙食するクラス、満開の桜の下でお花見をしながら食べているクラスなどさまざま。小学校高学年だったこの2年ほどは、コロナ禍で校外学習などもあまり実施されていなかったんですね。青空のもとでレジャーシートを広げて食べるお弁当の時間、みんな最高の笑顔でした。

食後の休憩時間も、遊具であそんだり走り回ったり……本当に元気な1年生です。

夕食は、コロナ禍なので黙食です。楽しくお話をしながらの食事ではなかったけれど、班のお友達と一緒に食べる夕食はいつにもまして美味しく感じたのではないでしょうか。みんなよく食べていました。

 

夜の研修ではチームワークに必要なものについて考えました。自分たちのクラスをどんなクラスにしたいのか、そのためには具体的にどんなことをすればよいのか、言葉だけでなく行動に移せる具体的な目標を、みんなで考えみんなで言葉にしていきます。

2日目。

クラスでの最後のプログラムをおこない、最後に挑んだのは学年全員での「ヒューマンチェア」。全員が円になり、後ろの人の膝の上に座る。文字通り他人にすべてを委ねるということができなければ、成功できません。200人を超える人数が全員うしろの人に体を委ね、それぞれが支え支えられて一つの形を作る。

ファシリテーターさんは、一切アドバイスをしません。1時間という時間がみんなに与えられました。学年の中で誰がどんなふうにみんなをまとめていくのか。

はじめはアチコチで「こうすればいい」「ああすればいい」という言葉が出るものの、まとまりません。でも、次第にリードする人が出て、大きな声で指示をしてみんなが答えるようになってきました。そして、何回かのタイミング練習のあと……なんと、1回で大成功! 不思議なご縁で出逢った216名が、ひとつになった瞬間でした。

これからの3年間、そしてさらに高校での3年間、この仲間とともに京女での時間を共に生きていくみんなが、どうか素晴らしい学校生活を送ってくれますように!

 

 

最後に、ファシリテーターさんから各クラスへのメッセージです。

 

ポスト(1組)

1組の皆さんへ

初めて皆さんに会った時、不安や緊張でガチガチの表情でした。研修を重ねる毎に皆さんの表情が和らぎ最終日は皆、生々とした表情に変わっていきましたね。最終日のクラス目標をしている時には個々の成長が見られ、クラスの団結力もレベルアップしていました!これからもお互いを想い合える笑顔の絶えないクラスにして行ってください!!

その為に個々ができる事を、小さくてもいいので積み重ねて行ってください!

 

つっちー(2組)

「人と」取り組む事の難しさをたくさん感じて下さい。難しいからこそ達成した時の充実感、満足感は大きいモノになります。

もし、達成できなくてもそこには次に繋がるヒントがたくさんあります。挑戦する事を恐れないchallengerであって下さい。

 

かーくん(3組)

1年3組のみんなへ

最後まで考え抜いたことや、感じたことをみんなの力にできるように、これからもクラスのみんなで切磋琢磨していけたら素敵な人に少しずつ近づけると思います。コミュニケーションの質を上げること、言葉を行動に移すこと、これからもチャレンジし続けてください。

 

ぺぺ(4組)

1年4組のみんなへ

今回の2日間でみんなの成長スピードに驚きました。

2日間でできたこと、感じたことをこれからの学校生活で活かしてください。

これから悩むこと、壁にぶち当たること、色々経験すると思います。

そんな時にお互い助け合えるクラスを目指し続けてください。

君たちなら必ずできる!!

 

うーたん(5組)

5組のみんなへ

みんな「やればできる」そして、1学期、2学期、3学期へと「もっとできる」をどんどん恐れずチャレンジして、最高の「5組チーム」を作ってください!

 

きんぴら(6組)

みんなはスイッチが入ったらすごい力を発揮できるクラスです。

日々考え、日々行動し、みんなが成長し続けられるクラスで

あり続けてください。自信を持って今回できたから次も必ずできる!

みんなで力を合わせて乗り越えてください!

 

 

2022年4月7日、桜の花びらが舞う中、令和4年度京都女子中学校入学式が挙行されました。

朝8時30分、真新しい制服に身を包んだ新入生が教室に揃い、担任の先生と顔を合わせて新しい中学生活のスタートです。まずはじめにスカーフの正しい結び方を習いました。生徒会執行部の先輩たちが教室を訪れ、優しく教えてくれました。

10時、学園講堂へ入場し、入学式が始まりました。美しいセーラー服姿で入場する新入生の姿は初々しさであふれています。京都女子中学校は浄土真宗本願寺派の学校なので、式典はすべて仏式の音楽法要の形式でおこないます。阿弥陀さまに見守られる中、216名の新入生が入学を許可されました。校長先生からお祝いの言葉に続き、代表生徒の「誓いのことば」が堂内に清々しく響きました。

これから始まる216名の京女生の未来が、今日の空のように明るく素晴らしいものとなりますように。

中学1年生の職業新聞づくりの様子が3月20日(日)の京都新聞(朝刊)に掲載されています。

3月19日(土)、中学1年生、2年生の3学期修了式がZoomで行われました。

昨年度に引き続きコロナ禍で、行事・クラブなど制限の多い1年でしたが、まん延防止等重点措置も来週には解除され、少しずつ明るい兆しも見えてきました。

春休みはようやく部活動も本格再開です。教科書やノートも整理してお部屋もリフレッシュ、来年度のスタートに向けていろいろ準備をしていきましょう。

 

《校長先生のお話》

1年生・2年生の皆さん、おはようございます。

今日は修了式の日です。修了式は1年間の教育課程を修め終え、けじめをつける大切な式典です。ですから、皆さんは令和3年度の1年間の学習状況、活動状況、生活状況を振り返り、自己点検・自己評価をしなければなりません。将来を見据え、今までの自分を顧みて、どこに自分の課題があるのかを点検・評価し、新たな目標を決め、計画を立て、その計画に従って実践していくことが大切です。現代社会では、そのような人が求められています。このことを十分自覚し、19日間の充実した春休みを過ごし、新しい年度を迎えてください。
さて、今年度も新型コロナウイルスの影響で授業を始め、学校行事や自主活動等が制限されてしまい、残念な思いをもって学校生活を送ったことと思います。特に体育祭の中止は、つらい悲しい思いをした人も多かったと思います。しかしながら、3年生を送る集いでは、生徒会文化スポーツ局が中心になり、趣向を凝らした、とても楽しいイベントになりました。皆さんは、コロナ禍の中、感染予防対策を念頭に置いてピンチをチャンスに変えて精進してくれました。

生活様式が一変し、今までと同じことができないコロナ禍の中で、それでも皆さんは、どのようなことができるのか、プレッシャーに押しつぶされることなく、前向きにとらえ、どうしたらよいのかという創意工夫や新しい発想などを学んだことと思います。

普段、何気なく当たり前に生活している私たちですが、それを失ってからでないと、その有り難さに気づくことができません。当たり前の反対は、有り難さです。皆さんは、保護者の方や教職員、あるいは他の多くの人々の支えがあったことを決して忘れていないと思います。当たり前ではない日々の生活に改めて感謝できる人間になってください。「厳しい冬のあとには、必ずうららかな春が訪れる」という希望を持って、さまざまな課題に失敗を恐れずにチャレンジし、人間として成長し続けてほしいと思います。

親鸞聖人は、「阿弥陀如来様の教えに出会って,自身の救いが解決した人は、世の中が安穏に、仏法が広まるように考えてください。」と述べておられます。私たちは自我、つまり自分自身に固執する心を離れられない自己中心的な存在であり、どこまでも自分の立場を正当化、あるいは絶対化してしまう傾向があり、そのことが争いや戦争の原因になります。み仏さまの智慧と慈悲に教え導かれながら、自己を厳しく見つめ、人種・民族・文化・国家、そして宗教の違いを超えて、他者のいのちを認め、共に歩むところに平和な世界が実現します。みなさんも自分のできる範囲でまず身近なところから、平和なクラス・学年・学校になるように精進してください。

では、これからの皆さんの成長と活躍を念じまして令和3年度の修了式の挨拶といたします。