2学期始業式 → Zoom練習会 

2021年08月30日
中学校

8月30日(月)、5日遅れで2学期の始業式がおこなわれました。

今回も、残念ながら生徒のみなさんの姿は講堂に無く、教室で画面に向き合っての始業式になってしまいました。

 

〈校長先生のお話〉

皆さんおはようございます。新型コロナ禍の中、40日間の夏休みが終わりました。1学期の終業式で、夏休みを迎えるにあたって皆さんに4点ほどお願いをしていました。

① 規則正しい生活をすること

② 夏休み日課表を作成し、自立心を養うこと

③ 1学期の学習のつまずきを解消すること

④ クラブ活動や趣味・読書に打ち込み、時間の使い方を工夫し、効率よくこなす方法を学ぶこと

完璧に実行するのは難しいことですが、今一度点検確認をし、今後の学校生活にも活かしてほしいと思います。

さて、新型コロナ感染状況につきましては、全国的に感染力の強いデルタ株の感染者が増え、京都にも4回目の緊急事態宣言が発出されました。命にかかわる問題ですので、教育活動が制限され、学校行事の変更もしなければなりません。皆さんは、コロナに負けることなく、ピンチをチャンスに変え、しっかりと前を見すえて今できることを精一杯やり遂げてほしいと思います。「うつらないうつさない」をモットーに、引き続き緊張感を持って3密を避け、マスク、手洗い、換気などの感染予防に努めてください。

今年の夏の始めは猛暑が続きましたが、その後、まるで梅雨のような日が続き、記録的な豪雨に見舞われ、各地に土砂による災害が発生しました。

コロナウィルスで亡くなられた方、土砂災害で亡くなられた方に心から哀悼の意を表し、また、感染された方や、災害に遭われた方に謹んでお見舞い申し上げます。

夏休みとは言え、補習、面談あるいはクラブ活動での練習や大会参加など、忙しい日々を送った生徒も多いと思います。特に、クラブ活動の関係では、暑い中ではありましたが、各種クラブの大会でそれぞれベストを尽くし、大いに活躍してくれました。

国際情勢も暗雲が漂っています。目先の楽しみだけではなく、世界の平和と調和を見据えながら、政治や経済のことも考えてください。これから私たちに求められる力は、課題を発見し、いかに解決するかという課題解決能力です。しっかりとした自分の意見を持てるよう、日頃から新聞やニュースなどの報道に関心をもってほしいと思います。今日から2学期が始まりますが、残暑もありますので、熱中症など、体調面には充分気を付けて学校生活を送ってください。

1年生の皆さんは、学校にだいぶ慣れてきたと思いますが、暑さに負けず体調管理に努めてください。将来の進路を決定するまでには時間的に余裕のある今のうちに、将来を見据え、どういう人間になりたいのか、どういう生き方をして社会に貢献したいのか考え、その目標を達成するためには今何をすべきかを考えてください。
2年生の皆さんは、中だるみの時期です。ややもすると慌ただしさに流されてしまう傾向があります。自分なりに目標と計画をしっかり持って、それを実現するためには今何をすべきかをしっかりと考えてください。また、1年生に対して「良きお手本」となってもらいたいと思います。
3年生の皆さんは、中学最高学年ですが、様々な面でリーダー的な役割を演じ、下級生を引っ張っていかねばなりません。学習と行事や自主活動の両方ともベストを尽くしてください。そして、1年生や2年生の後輩に対して良き模範生となってもらいたいと思います。
最後に、すでに1学期から、他校の小学生・中学生を対象にした 学校見学会や授業見学会が行なわれています。皆さんの後輩になるかもしれない人たちが たくさん本校にやってきます。是非とも良い印象をもって帰ってほしいと思います。何処で、誰が、何を見ているかわかりません。私たちはいつも『京都女子中学校』の生徒であるというプライドを持っていたいものです。自分の学校を汚すことはそこにいる自分をも否定することになります。

「実りの季節 節目の時を迎えて 日々の努力が試される 努力を厭うことなかれ 努力の源は感謝である」 東京オリンピックに出場した多くの選手が異口同音に多くの人たちに支えられていることに感謝の意を述べているのが印象的でした。私たちも今一度、建学の理念の1つである「感謝」について考えてみたいと思います。以上、2学期も皆さんが元気に充実した学校生活を楽しく送れるように念じまして、校長の挨拶といたします。

 

このあと、生徒部長の雪山先生が「うつらない・うつさない」ための心得について、丁寧にお話してくださいました。

今回の爆発的感染拡大は、感染者数の増加のみならず、10代の感染者が急増している点が恐ろしいところです。

みなさん、感染予防の基本に立ち戻り、3密を避け、マスクを正しく着用し、手洗いをこまめに行いましょう。

 

そうして午後3時、今度はオンラインでもう一度「クラス集合」しました。

目的は、オンライン学習ができるように、Zoomミーティングに入る練習をすること。

教室にいる担任の先生のPC画面には、みなさんの元気な笑顔が並んでいました。

こんな形で授業をすることは決して望ましいことではありませんが、いつ、誰が感染しても不思議ではない状況の中、もしもに備えて準備をしておきましょう。

 

1人1台PCを持っている環境だからこそできることですね。

いきなり「オンライン授業」までたどり着けないかもしれませんが、先生方も試行錯誤しながら一生懸命トライしていきます。

今すでに使っているGSEメールやグーグルクラスルームを活用しながら、「もしも」の時でも学びが継続できるよう、一緒に頑張っていきましょう!

7月30日(金) 3・4限 講堂で中学2年生による「ビブリオバトル頂上決戦」が行われました。

 

1学期後半の国語Aの授業では、クラスごとに「ビブリオバトル」を行い、クラス代表を決めました。そして、本日は、各クラスの代表8名による決勝戦を行いました。さすが、2度の予選を勝ち抜いた猛者ぞろいとあって、熱のこもった戦いが繰り広げられました。果たしてバトルを勝ち抜いたのはどの本なのか、全員による投票の結果は、2学期に発表する予定です。

図書館に、ビブリオバトルで紹介された本のコーナーも設置されます。お楽しみに♪

 

☆ビブリオバトルとは??☆

「ビブリオ」は書物などを意味するラテン語由来の言葉、そして「ビブリオバトル」とは、おすすめの本を紹介し合う書評ゲームです。
 ① 発表参加者が読んで面白いと思った本を持ち寄る
 ② 一人5分間で本を紹介します
 ③ それぞれの発表後、参加者が本に関するディスカッションを2~3分行う
 ④ 全員の発表終了後、「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を行う
思いがけない本に出会うことができるとに、発表者についても知ることができます。

7月30日(金)中1Ⅱ類型プロジェクト学習<未来京都>「観光提言」の一環で、京都市観光協会西前里江子様にお越しいただき、京都市の観光についてのご講演をしていただきました。「観光」という言葉の語源って知ってる?という問から講演が始まりました。中国の「易経」の中の一文「觀國之光利用賓于王」が語源とされていて、元々は「国(の文化・政治など)をよく観察すること」といった意味だと教えて頂きました。(現在のように余暇の活動というような意味合いではなかったそうです。)生徒も「そうなんだ!知らなかった!」という顔をして聞いていました。西前さんはコロナによる京都市観光のいろいろな変化をグラフ等を使って分かりやすく説明してくださいました。

その後、以下の2つのテーマ

① マナー問題・混雑問題

② 市民、観光客、従事者の三者が満足する観光(持続可能な観光)

から1つを班で選び、現状の課題の把握と、それに対する解決案を班(5~6人)で討議しました。

≪班から出た案≫

①マナー啓発のコメディ動画を作る。それをQRコードで見られるようにする。

観光客の方はパンフレットを見ながら観光されていることが多いので、パンフレットにマナーについて載せる。

観光地の混雑状況がリアルタイムでわかるようなサイトを作る。

食べ歩きをする人を減らすために休憩所を設けて店員さんに紹介してもらう。

事前に予約した人が割引を受けられるようにして混雑を少しでも減らす。

②道路標識や案内板で、日本語だけのものを多言語でにしたものに取り替えていく。

京都の歴史を感じさせる地域と住みやすい地域を混ぜるというより両立させる。

≪生徒の感想から抜粋≫

観光に関する仕事はバランスをとるのが難しい仕事だと感じました。なぜなら、人の混み具合などを調節しながらも、お客さんの数を増やさなければならないからです。また、京の文化、マナーを観光客(外国の方も含む)全員にわかるように伝えていかなければならないからです。しかし、その分やりがいのある仕事だと思います。自分が考えたアイデアがうまくいったときの達成感がすごく得られる仕事だと思いました。

3月の観光提言プレゼン発表会に向け、とても良い機会となりました。

 

Ⅱ類型で取り組んでいるプロジェクト学習「未来京都」、2021年度中学2年生のテーマは「京の食~未来提言~」です。

持続可能な開発目標をふまえ、テーマ「京の食」について課題発見⇒調査⇒解決をチーム学習による協働作業を通して行い、最終的にテーマに対する「未来提言」をプレゼン発表するという形で実施します。

1学期は、コロナ禍のため校外に出かけることができず、3回ともオンライン講義のかたちになりましたが、いずれも興味深い講義でした。以下、3回のオンライン講義を振り返ります。

 

第1回 6月7日 「持続可能な開発目標に向けた企業の取り組み」

~ファミリーマート様によるオンライン授業実施~

 🎵あなたとコンビにファミリーマート🎵のフレーズでおなじみのファミマ。地域に寄り添い、お客様一人一人と家族のように…そんなコンビニを目指しておられました。おむすび一つからSDGsに貢献されていたり、私達の健康に配慮された商品や地球に優しい商品などの開発、温室効果ガス削減・プラスチックごみ削減・食品ロス削減などの環境に配慮した取り組みなど、持続可能な開発目標を意識した多くの取り組みが実施されていることを学ぶことができました。次にコンビニ行ったら、本日学んだことを思い出しながら、店内を見渡してみたいですね。ファミリーマートの皆様、ありがとうございました。

<生徒のみなさんの感想を紹介します。>

・通学路にもコンビニがあるので、本日の授業が身近に感じました。

・コンビニでは、私達の想像以上に環境・社会問題への具体的な対策を行っておられることに驚きました。

・お客さんの意識も「便利さ」から「環境へ」と変わってきていることを知りました。

・季節の行事ごとに入る「予約のチラシ」は、食品ロス削減を意識しているということを知りました。

・包装一つで、鮮度維持⇒食品ロス削減という工夫を初めて知りました。

・環境問題・貧困問題・社会問題は、全てつながっていることがわかりました。

・SDGs に対して、私達にもできることがたくさんあるとわかりました。

・まずはエコバック持参から始めます!

・世界中が安心安全に暮らす未来を作ることを達成できるように食事や買い物・使う責任も頭に入れておきたいと思った。

・環境やエコを意識した商品を考えたり、アイデアを提案してみたいと思いました。

・大人になったら、環境問題を考える仕事がしてみたいです。

 

第2回 6月15日 「CO2削減、地球温暖化問題、環境問題について理解を深めよう」

~京エコロジーセンター様によるオンライン授業実施~

CO2はどこからくるのか?から始まり、家庭でたくさん電気を消費している家電は何か?地球温暖化により水不足が起こり、砂漠化の原因となることで更に異常気象を引き起こすなど、身近なところから、地球規模の問題についてまで、わかりやすく授業していただきました。私達の生活が、たくさんのCO2を放出していることに意識して生活することから始めることが始めの一歩でしたね。普段、自分が何気なくしていることに意識を向けること、つまり、無意識の意識化が大切だということを、今回、教えていただきました。京エコロジーセンターの皆様、ありがとうございました。

 

<生徒のみなさんの感想を紹介します。>

・今、どれだけ深刻な状況にあるかが、初めてわかりました。

・私達の意識次第で変わるはず。

・私達の手で、変えていきたいと思いました。

・環境に対して無意識の生活ではなく、意識することを心掛けたい。

・様々な解決策の例が紹介されて、自分が何をすればよいのかもわかりました。

・普段私は無意識にCO2を排出させていたことに気付きました。これからは意識したいです。

・海や湖に多量のゴミが捨てられている場面をみたことがないが、意識してやめていかないといけない。

・ゴミが昔よりも増えていることに驚きました。

・家で照明器具やテレビ、エアコンの節約を意識したい。

・このまま一人一人が意識して生活しないと、ゴミが増えていくことに気付きました。

・グリーンコンシューマーという言葉を初めて聞いた。

・環境のことについて考えたことは、今までにもあったが、今回の説明が丁寧でわかりやすかった。

 

第3回 7月19日 「京の食文化から学ぶSDGs」

~京の食文化ミュージアムあじわい館 民野節子氏によるオンライン授業実施~

 

食べる人のことを思いやり調理し、温かいものは温かくいただき、冷たいものは冷たくいただく。食材は丁寧に扱い、季節感を重んじる。…京料理の精神の中には、「感謝の心」「もてなしの心」が存在するということを教えていただきました。また、食卓に並ぶ「おから」や「きんぴら」などの「おばんざい」は、食材を無駄なく使いきるよう工夫された庶民の知恵と誇りの料理であることも学ぶことができました。「しまつの心」の中にも美味しさや楽しさを見つけるのが京の食文化。京の食はSDGsに直結していて、京都の人は何年も前からその文化を受け継いでいるのですね。私達も普段何気なく食べているおかずに込められた精神を大切にし、次世代に伝えていきたいですね。民野先生、あじわい館の皆様、ありがとうございました。

 

2学期は、いよいよ校外に出てフィールドワークです。秋にみんなが収穫する京野菜「紫頭巾(むらさきずきん)」は、今ごろ夏の太陽のもとですくすく育っていることでしょう。楽しみですね。

 

7月20日(火)、1学期終業式がおこなわれました。

コロナ感染防止のため、オンラインでの実施となりましたが、中学生のみなさんは各教室で姿勢を正し、しっかり手を合わせ、礼拝(らいはい)できていました。校長先生のお話を聞く姿勢も素晴らしかったです。

時差登校や部活動制限などにより、通常通りとはいかない1学期でしたが、昨年に比べれば、学校に来て先生や友達と顔を合わせることができる日々は、本当にありがたいものでした。文化祭や体育祭の取り組みも始まり、キャンパスに日常の活気が戻ってきたことは何よりの喜びです。

どうか、校長先生のお話を胸にとどめ、みなさん夏休みを有意義に、元気に過ごしてください。2学期に、成長した笑顔が見られることを楽しみにしています。

 

《校長先生のお話》

皆さん、おはようございます。1学期はまん延防止等重点措置、引き続き緊急事態宣言、そしてまた、まん延防止等重点措置で教育活動が制限されましたが、無事1学期の終業式を迎えることができましたことを皆さんと共に喜びたいと思います。

世間では、新型コロナウィルスの変異株の感染が再拡大しています。罹患された方や亡くなられた方もたくさんおられます。また、今年も豪雨による災害で、静岡県熱海市を始め、九州南部やさまざまな地方で被災され、亡くなられた方々もおられます。新型コロナ並びに豪雨で亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、罹患・被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

さて皆さんもこのような危機的な状況の中、感染防止に努め、学習・クラブ活動・学校行事など、制限された中で一生懸命に努力しくれたお蔭で、クラスターも発生することなく1学期を乗り越えることができました。生徒の皆さん、そして生徒の皆さんをサポートしていただきました教職員の皆さんに心から感謝申し上げます。

いよいよ明日から夏休みが始まります。今年度の夏休みは、35日間あります。有意義に過ごしてほしいと思います。夏休みも補習・クラブ・面談等がある人もたくさんいると思いますが、引き続き、感染予防に向けて、3密を避け、咳エチケット・手洗いの励行を徹底してください。そして熱中症にも十分注意してください。

夏休みに向けて4点、お願いします。

  • ①規則正しい生活をおくりましょう。

夏休みはつい不規則な生活をしがちです。寝る時間や起きる時間が日によってまちまちになってしまうと、勉強の効率にも影響が出るだけでなく、体調にもよくありません。生活習慣が乱れがちになる夏休みこそ、早寝早起き朝ごはんの生活習慣を身につけましょう。冷たいものばかり食べていては夏バテの原因になりますので注意しましょう。携帯・スマホの長時間の使用は、学力面に悪い影響が出るという調査結果がでていますので、できるだけ控えましょう。また、SNS上に根拠のない悪口や他人を傷つける不適切な書き込みや画像の無断投稿は絶対にしないように心掛けてください。

  • ②夏休みの日課表を作りましょう。

日課表を作り、起床・食事・勉強・就寝の時間をできるだけ固定し,生活のリズムを一定に保つ工夫をしてください。計画表があれば、自分でカレンダーや時計を見て、自ら行動を起こす習慣が身に付き、計画を守ることや主体的に行動することの大切さを学べます。1日の目標が明確になりますので、実行できれば達成感が得られ自信にもなります。休み中は始まりや終わりのチャイムはなりません。自分自身で時間を決め、取り組めば、自分を律していける心が養われ、計画実行力も身に付き、学習習慣にもつながっていきます。家庭内でのお手伝いも忘れないようお願いします。まもなくオリンピックが始まりますが、適度に観戦してください。

  • ③1学期のつまずきを解消しましょう。

この後、担任の先生から成績表が渡されます。自分の成績を振り返ってみてください。まとまった時間のとれる夏休み、弱点や苦手教科・分野を見つけ、それを克服する絶好の機会です。授業の復習・教科書の徹底理解を通して、学力の基礎を固めましょう。不得意科目のない、オールラウンドな学力を身につける努力をしてください。夏休みの学習状況が2学期以降の成績を左右します。今つまずきを復習しておけば、夏休み明けの学習もスムーズに進みます。中高一貫校でありがちな中2・.中3の中だるみという課題を克服し、今後に生かしてください。将来の進路を見据えながら、その実現に向けて、今何をすべきか、また、どういう学力が必要なのかをじっくりと考えることが大切です。

  • ④部活や趣味そして読書等に打ち込みましょう。

もう忙しくなって大変だ、勉強する時間がなくなってしまいそうで不安だ、と思うかもしれませんが、やるべきことがいろいろとあるほうが、時間の使い方を工夫したり効率よくこなす方法を考えたりして、自分自身を鍛えることにもつながります。いろいろなことを同時並行でこなすテクニックは、今後の学校や家庭生活に大いに役に立ちます。

以上、4点、規則正しい生活、夏休み日課表の作成、1学期のつまずきの解消、部活や趣味・読書等に打ち込むことをしっかり心に留め、夏休みを過ごしてください。

 

最後にひとつ。

正門スロープの右側と北門近くにある掲示板の7月の言葉、見ましたか。

「心貧しき人ほど 他人を見下さす 心豊かな人ほど 他人を敬う」

「たった一言が人の心を傷つける たった一言が人の心を温める」

実にいい言葉ですね。言葉や行為を大切にする心豊かな人間でありたいものです。

それでは、充実した夏休みを過ごされることを念願しまして、1学期の終業式の挨拶といたします。

2021年7月16日(金)、3限から6限にかけて、2年ぶりに英語暗唱大会がおこなわれました。

コロナ禍のため、ZoomでAV教室(本部)と各教室をつなぐ形でのオンライン開催となりましたが、接続等の小さなトラブルも、生徒と生徒が一丸となって迅速に対応し、初の試みを成功させることができました。

例年は、1年生がクラスごとに英語の歌を披露して幕を開けるのですが、残念ながら今年度は感染防止のためコーラスは中止になりました。かわりに、英語科の先生が作ってくださった動画を見て、みんなホロリと涙を流しました。

司会をしてくれたのはESSクラブの部員さん、さすがに見事なアナウンスでした。

2年生は「The Thirsty Crow」、3年生は「The Fall of Freddie the Leaf」。それぞれ選ばれた8名の代表者たちは、身振り手振りを交えながら、表情豊かにいずれ劣らぬ見事な発表を見せてくれました。取材に来られた保護者会の方々も「あんなに堂々と、しかもすべてを暗記して発表できるのはすごいねえ!」と感心しておられました。

発表が終わった後、2年生の代表者たちが「来年またここで出逢おう!」と声を掛け合っていたのがとても微笑ましかったです…これぞ京女生!!

1年生のみなさんは、来年、再来年はいよいよ自分たちが発表する番です。出場できるように頑張って勉強してくださいね。

7月13日(火)朝8時15分、講堂が静寂につつまれました。

この春ご縁をいただいて入学した中学1年生が、はじめて講堂に集まっておこなう「朝の礼拝」(通称:仏参)です。1分間の黙想のあと開扉、献香、三帰依とつづきます。今回のおつとめは「さんだんのうた」、今はコロナ禍で声を出すことはできませんが、みんな聖典を一生懸命見ながら心の中で歌いました。念仏につづいて講話。講師は、社会科の新谷先生でした。学生時代に単身トルコへ旅した時のお話は、聞いていてもハラハラドキドキしましたが、「一歩踏み出して行動してみると状況は変わる」「心の温かさに国境はない」という言葉に、中学1年生は何を感じたでしょうか。講話が終わると聖歌「朝のうた」、そして恩徳讃とともにはじめての礼拝は静かに幕を閉じました。

 

「朝の礼拝」…1週間にたった20分。1年間におよそ25回、6年間でおよそ150回、分に直せば3000分。この静寂の時間が、目に見えない「こころ」をはぐくみます。

2021年度中学1年生219名、将来はそれぞれ「自分の場所」で世の中に貢献していくことでしょう。その時、中学高校時代に過ごした3000分の時間は、それぞれのこころの核となって人生を支えます。

 

新谷先生は講話の最後に、「中学はじめての夏休み、ふだんできないようなことに何かひとつチャレンジしてみてください。」と呼びかけてくださいました。たった一度の「中1の夏」が、それぞれにとって素晴らしい時間になりますように。

622()5,6に中1Ⅱ類型プロジェクト学習「未来京都」の第1弾、東山探訪を行いました。各クラス6班に分かれ、

若宮八幡宮・建仁寺コース

大谷本廟・清水寺・正法寺コース

新熊野神社・方広寺コース

豊国神社・六波羅蜜寺コース

高台寺コース

即成院・観音寺コース

6つコースの中から抽選で1つのコースを決定し、目的地に向かいました。事前に配ったワークシートの中には「鐘楼の天井に書いてある四字熟語は?」「塔の周りの石でできた柵の建築費を寄付した有名な人は誰?」など、現地で頑張って探せば答えが見つかる問題が書いてあり、班で協力しワークシートを完成させていました。未来京都を通して「協働」を身につけていきます。

昨年はコロナ禍で中止になってしまった体育祭、今年は実施に向けて動き出しました。

3学年を縦割にした6つの組で競い合う応援合戦は、京都女子中学校体育祭の花形。

今日は抽選で各組のカラーも決まり、6色揃っての結団式がおこなわれました。

コロナ禍のいろいろな制限を、新しい応援の形を生み出すチャンスと捉え、

みんなの知恵を集め、心を合わせて素敵な応援を創り上げましょう。

 

 

 

今年度4月より、京都女子中学校では国が推し進めるGIGAスクール構想により、1人1台のPCを配付することとしました。実際は配付とはいえ、学校からの貸し出しの形になっており、年度末には返却いただき、新年度にまたお貸しすることになっています。今週1週間(4/12~4/16)をかけて、各クラスでPC配付オリエンテーションが行い、1人1台をお配りしています。

貸し出しとはいえ、生徒たちに取ってみれば自分で自由に使うことができるPCを手に入れることとなり、みんなワクワクです。本校ではChromebookを選定し、全員が同じ機種を持つことにより、これまでの授業に加えて、よりICTを活用した教育活動に進化していくものと考えています。

生徒たちも初めてですが、教員も初めてで、これから鋭意、使い方や生かし方を学び、授業や行事で活用していきたいと考えています。どんな授業になっていくのか、楽しみですね。