高校1年生「杉本家住宅」訪問

2017年12月19日

ウィステリア

12月18日(月)、高校1年生ウィステリアでは重要文化財「杉本家住宅」を訪問しました。この住宅は京都に古くから伝わる町家で、国の重要文化財の指定も受けているものです。こちらと本学園が提携を結んでおり、定期的にこちらでの学習を大学生が行っている中で、年に1回だけ高校生もこちらをお借りして今日の伝統文化の学習を行うものです。
この日は最初に杉本歌子さんより杉本家にまつわる歴史についてのお話をうかがいました。またその後、マリンバ奏者である通崎睦美さんよりアンティーク着物についてのお話を伺いました。通崎さんは趣味で着物を収集しておられ普段着としての着物(銘仙)についてのお話や実物も見せていただき、とてお楽しいものでした。
普通ではなかなか訪問することのできないところで、今回このような場所で伝統文化について考える機会を得ました。このような経験をたくさん重ねていくことでそういう京都で学ぶ自分についても考えてほしいと思います。
PC180217PC180242PC180260PC180302PC180438PC180494