日本語検定で文部科学大臣賞受賞!

2017年10月12日

ウィステリア

積極的な資格取得の取り組みにかかわって、高等学校ウィステリア科2年生および3年生で、毎年6月に受検している「日本語検定」。このたび平成29年度第1回検定試験で優秀な成績を収め、中高一貫校・高等学校部門において「文部科学大臣賞」を受賞しました。(部門中、全国1位の賞となります。)
「日本語検定」は、漢字・表記・敬語・言葉の意味・語彙・文法の6領域を問う日本語の総合的な能力を測る検定試験です。高校2年生では中学生および高校生向けの4級を、高校3年生では高校生および社会人向けの3級を毎年受検しており、多くの生徒が当該級の認定を受けています。
ウィステリアでは国際社会で活躍できる京女人の育成を目標としており、正規の授業として「茶道」や「華道」などにも取り組み、また正しい日本語を使えるようになってほしいという思いから「日本語検定」も受検し続けているところです。
今後もさらなる能力の向上に向けて切磋琢磨してがんばってほしいと思います。
CIMG9482CIMG9485 s-文部科学大臣賞