中学3年生清水焼体験・・・その2

2014年7月9日

ウィステリア

今日は中学3年生ウィステリアコースで清水焼体験の続きが行われました。1ヶ月ほど前、自分たちで頑張って作った抹茶茶碗が素焼きで出来上がりました。今日はその作品への絵付けです。
みんなまず何の絵を描こうかなかなか進みません。書き始めると早いのですが、描き始めまでが大変なようでした。それでも1人1人が思い思いの絵や文字を書き始めるとどんどん進み、あっという間に2時間が過ぎました。
これをもう一度釉薬をかけて焼いていただいて、手元に戻るまで約1ヶ月。2学期にはできあがります。みんなそれまで楽しみにしていてほしいと思います。
なお、今日は偶然だったのですが、この中3生が3月に訪問するオーストラリアの学校からコーディネータが視察に訪れており、生徒のみんなと少しだけですが、話をしたりして楽しみました。また3月に現地でお会いします。
CIMG3134CIMG3141CIMG3147CIMG3150