龍谷アドバンストプロジェクトで優秀賞!!

2017年9月11日

宗教教育

(龍谷総合学園)龍谷アドバンストプロジェクトに参加

(8月23日~8月25日 於 西本願寺聞法会館・龍谷大学・京都女子大学)

澄み切った紺碧の夏空の元、北は北海道から南は九州まで浄土真宗の教えを「建学の精神」とする22校の高校生が、西本願寺聞法会館に集まりました。

事前に課題が出され、それぞれが「仏教」「法律」「経営」の3つのテーマに基づいて研究し、審査を通過した班のみが全国から集まるという形式でした。その中で、京都女子高校はすべてのテーマで合格するという快挙を成し遂げ、3チーム合計9名の生徒が参加しました。 DSCN0183

「仏教」班は「マララから学ぶ生き方」というテーマで「世界には女性が教育を受けられない国がたくさん存在し、その中でも暴力に立ち向かいノーベル平和賞を受賞したマララさんの人生・思想・行動」を発表しました。そして、それらを通じて、今私たちが勉強できる環境に感謝するとともに、今後私たちは何をすべきかを訴え、国際性のあるプレゼンとなりました。

「法律」班は「亀岡自動車暴走事故から考える」というテーマで、この事件を細部に至るまで詳しく調べ、事実を確認しました。そして、その事実の裏にある様々な過程や事情、そして地元の人々の心情があったことにも深く踏み込み、それらを法律ではどのように判断されるのかをまとめ、社会性のあるプレゼンとなりました。

「経営」は予め「紅茶知名度NO1のリプトンなのに、なぜ午後の紅茶が売れているのか、経営的にどうリプトンの売り上げを上げるのか」という、全員同じ課題が出されていました。京都女子高校はターゲットを主婦層に絞り、「ワンコインで繋ぐ愛」というテーマを立て、絞った理由を踏まえながら、どうしたら購入してもらえるかを、多くの例を出しながら、的確な分析と具体的は商品提案をし、説得力のあるプレゼンとなりました。

それぞれの班がそれぞれの視点からプレゼンをした結果、「仏教班」が全体の2位に当たる優秀賞を受賞しました。実りのある素晴らしいアドバンストプロジェクトとなりました。

DSCN0189