11月の言葉(法語板より)

2015年11月5日

宗教教育

法語板2015.11

・11月の言葉

「一人いてしも喜びなば 二人と思え
二人にして喜ぶおりは 三人なるぞ
その一人こそ 親鸞なれ」(「報恩講の歌」より)

*報恩講の歌の二番である。浄土真宗のみ教えに生きるものにとって、親鸞聖人をはじめ亡き人は、仏さまと成って私たちを見まもって下さっている存在である。仏さまと成った亡き人に導かれながら、亡き人と共に生きる人生が恵まれるのである。(H.K

※報恩講:親鸞聖人の亡くなられた日に、聖人のご苦労を偲び、そのご恩に報謝する行事