中学校1年生 Ⅱ類 プロジェクト学習がスタートしました

2015.06.19

中学校

 6月16日(火)5・6限目に、中学1年生Ⅱ類型で、「東山探訪」が行われました。この行事は、プロジェクト学習「未来京都」の一環として行われたものです。 

 6つの班に分かれ、指令書に従って、清水寺・大谷本廟、高台寺、新熊野神社・方広寺、豊国神社・六波羅蜜寺、泉湧寺を訪れ、現地で調査を行いました。

 調査の内容は、「お堂の前に大きな石がある。その石をたたいて、どんな音がするか報告してくれたまえ。素手でたたかないように。骨折するよ。たたくために石が置いてあるはずだ。」などと、独自性の高い、現地に行かないとわからないユニークな内容です。みんな笑顔で協力し合っていました。

2015中1Ⅱ類プロ(6月)1 2015中1Ⅱ類プロ(6月)2

 42015中1Ⅱ類プロ(6月)4   2015中1Ⅱ類プロ(6月)3

生徒の声】

 「東山探訪で、目的地をめざしながらも色んな町を通りながら色んな発見ができました。迷ったりしたけれど、それも班のみんなと相談しながら行くことができたので、仲も深まったと思います。」

 「道順案内係の友達が考えてくれた近道を通って無事に学校まで帰ることができました。」

 「いつもは感じられない京都の風景を感じることができました。」

  一人ひとりがそれぞれの役割を果たし、協力し合って目標を達成し、歴史に触れるひと時を過ごすことができました。