「先輩との懇談会」を開催しました

2018年11月28日

高等学校

11月17日(土)の午後に校内で「先輩との懇談会」を人権教育委員会が主催しました。
中学生約30名と高校生約30名の合計約60名が参加し、盛会のうちに終えることができました。
3名のパネリストの先輩方に、自己紹介と現在のお仕事の内容について紹介していただいた後、3つのグループを回っていただき、中高生の質問に答えていただく形式で進行しました。
パネリストの1人目は、研修医の卒業生。患者さんの話を「聞くことのできる力」の大切さ、AIに負けないような「人間味のある医者」を目指しておられることなどを話しいただきました。
2人目は会社員の卒業生。ものづくりの現場で、「生産工程管理」という業務に従事しておられます。お客様が求める納期の実現のために奮闘する様子を伝える際、パワーポイントを使っていかに中高生にうまく伝えられるかを考えて講演に臨んでくださったことも印象的でした。
3人目はグランドスタッフの卒業生。羽田という日本の玄関口である空港で、魅力ある先輩たちの背中を見ながら、日々精進されている様子を明るく素敵な笑顔でお話しいただきました。
3名とも勤務を始めて数年ほどですが、ご自身のお仕事に対する情熱に満ち溢れ、後輩たちにとってはたいへん励まされるお話しでした。
このたび、お忙しい中で「先輩との懇談会」のパネリストをご快諾いただき、貴重なお話しをいただいた3名の先輩方に厚くお礼申し上げます。

DSCN0431_koukai