高校ダンスクラブ、AJDFにて特別賞を受賞しました

2018年8月30日

高等学校

 8月7日(火)~10(金)、「第31回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)[All Japan Dance Festival-KOBE:AJDF]」が、神戸文化ホールで開催されました。

  H.30全日本ダンス1 H.30全日本ダンス2 H.30全日本ダンス3

 高校ダンスクラブが、「白い薔薇~信念の下に咲く~」を発表し、高校創作コンクール部門で「特別賞(感性にあふれたすぐれた動きのテクニック)」を受賞しました。

 心より感謝申し上げ、ご報告いたします。ご声援、ありがとうございました。

  H.30全日本ダンス4 H.30全日本ダンス5 H.30全日本ダンス6

           H.30全日本ダンス8

【作品「白い薔薇~信念の下に咲く~」の解説】

 作品のテーマは、自由求め、正義(良心)を貫く強い信念を持った女性。

 作品の題材となったのは、ナチスの独裁政権下で、自由を求めて立ち上がった学生達による「白バラ抵抗運動」です。彼らは、声に出せない想いをビラに 込め、 同志を増やして正義(良心)を貫きました。その姿は、死をも恐れない強いものでした。

 作品の特徴は、ナチスの独裁政権の象徴として、大きな赤いアクリル板の道具を使ったことです。踊り手は、白バラ抵抗運動の末、死刑となったゾフィー・ショルとその同志をイメージし、配布されたビラをイメージし、そして、白薔薇(花びら)そのものをイメージして、動きや構成を工夫しました。