大阪大学「脳科学セミナー&研究室見学」へ出かけました

2015年8月29日

高等学校

8月2日(日)、生物クラブと高校2年理系生徒の希望者たちで、大阪大学吹田キャンパスへ出かけました。山本亘彦教授(大阪大学大学院 生命機能研究科)からご連絡を頂き、生徒20名が「脳科学セミナー、研究室見学・脳切片の染色観察実験」を学習・体験してきました。

まずは、見学美根子教授(京都大学 物質-細胞システム拠点 神経発生学分野)による「ニューロンのかたちと神経回路」と題し、ご講演を頂きました。たいへん貴重な写真や動画を見せて頂き、高校生に1人ひとりにわかりやすくお話ししてくださいました。

H27阪大セミナー1 H27阪大セミナー2 H27阪大セミナー3 H27阪大セミナー4

研究室見学・脳切片の染色観察実験では、山本亘彦教授の「細胞分子神経生物学研究室」を見学させて頂くと共に、マウスの大脳や小脳の切片を染色した後、プレパラートを作製し、顕微鏡で観察させて頂きました。また、GFP(クラゲ由来の蛍光タンパク質)を発現させたニューロンも観察させて頂きました。

H27阪大セミナー5 H27阪大セミナー6 H27阪大セミナー7 H27阪大セミナー8

生徒たちは、大学の先生方や大学院生の方に、講演や実験・観察の内容については勿論、今後の進路についての相談等も熱心にしていました。